小倉百人一首 - 鎌倉右大臣

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 鎌倉右大臣
93 鎌倉右大臣
世の中は 常にもがもな 渚こぐ あまの小舟の 綱手かなしも
現代語訳  
世の中は不変であってほしいなあ。渚を漕ぐ漁師の小舟の引き綱を見ると、胸をしめつけられるような思いがこみ上げてくるよ。
作者  
鎌倉右大臣 (かまくらのうだいじん)
源実朝 (みなもとのさねとも) 1192〜1219 鎌倉幕府第3代将軍。頼朝の次男。兄頼家の死後、将軍となったが、実権は北条家にあった。右大臣就任の拝賀式が行われた鶴岡八幡宮で、頼家の子公暁に暗殺された。藤原定家に和歌の指導を受ける一方で、万葉調の要素を取り入れた独自の和歌を完成させた。家集『金槐和歌集』
文法と語句
常にもがもな ― 「常に」は、ナリ活用の形容動詞「常なり」の連用形で、不変の意。「もがも」は、願望の終助詞。上代語。「な」は、詠嘆の終助詞。二句切れ
渚こぐ ― 「渚」は、波打ち際。
あまの小舟の ― 「あま」は、漁師。
綱手かなしも ― 「綱手」は、舟を陸から海に引くための引き綱。「かなし」は、痛切で胸がつまるほどの感情。「も」は、詠嘆の終助詞。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.