小倉百人一首 - 待賢門院堀河

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 待賢門院堀河
80 待賢門院堀河
長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ
現代語訳  
あなたが末長く心変わりしないということは信じがたいのです。お別れした今朝は、黒髪が乱れるように心も乱れて、あれこれともの思いにふけるばかりです。
作者  
待賢門院堀河 (たいけんもんいんのほりかわ)
生没年不詳。平安後期の歌人。源顕仲の娘。待賢門院に仕えた。
文法と語句
長からむ心も知らず ― 「長からむ」は、「黒髪」の縁語。「長からむ心」は、永久不変の愛情。「も」は、係助詞。「知らず」は、信じがたいの意。「ず」は、打消の助動詞の終止形で、二句切れ。
黒髪の乱れて今朝は物をこそ思へ ― 「こそ」と「思へ」は、係り結びの関係。「の」は、比喩を表す格助詞。「乱れて」は、「黒髪」の縁語で、「黒髪の」を受けて黒髪が乱れることを表し、「今朝は物をこそ思へ」に続いて心が乱れて物思いにふけるばかりであることを表す。これらが「の」によって結ばれ、黒髪が乱れる“ように”心も乱れて物思いにふけるばかりであることを表す。「今朝」は、後朝、すなわち、男女が結ばれた翌朝の意。「は」は、区別を表す係助詞で、この日の朝が特別であることを示す。「こそ」は、強意の係助詞。「思へ」は、ハ行四段の動詞「思ふ」の已然形で「こそ」の結び。
「知らず」の「ず」を連用形とし、「信じがたく、…」と解釈する説もある。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.