小倉百人一首 - 三条右大臣

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 三条右大臣
25 三条右大臣
名にしおはば 逢坂山の さねかづら 人にしられで くるよしもがな
現代語訳  
逢坂山のさねかずらが逢って寝るという名を持っているのであれば、さねかずらが蔓を手繰れば来るように、誰にも知られずにあなたを手繰り寄せる方法がほしいものだなあ。
作者  
三条右大臣 (さんじょうのうだいじん)
藤原定方 (ふじわらのさだかた) 873〜932 三条に邸宅があったことから三条右大臣とよばれた。
文法と語句
名にしおはば ― 「名におふ」は、「名に負ふ」で、「〜という名を持つ」の意。「し」は、強意の副助詞。「おはば」は、「動詞の未然形+接続助詞“ば”」で順接の仮定条件。「名にしおはば」で、「まさに〜という名を持っているならば」の意。
逢坂山 ― 歌枕。山城(京都府)と近江(滋賀県)の境にある山。「男女が共に寝る」という意の「逢ふ」との掛詞。
さねかづら ― モクレン科の蔓草。「共寝(さね)」との掛詞。「逢ふ」の縁語。
人にしられで ― 「人」は、他人。「で」は、打消の接続助詞。「人に知られないで」の意。
くるよしもがな ― 「くる」は、「来る」と「繰る」の掛詞。「繰る」は、「人を手繰り寄せる」で、「さねかづら」の縁語。「よし」は、「方法・手段」の意。「もがな」は、願望の終助詞で、「〜があればなあ」の意。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.