小倉百人一首 - 後京極摂政前太政大臣

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 後京極摂政前太政大臣
91 後京極摂政前太政大臣
きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに 衣かたしき ひとりかも寝む
現代語訳  
こおろぎが鳴く霜の降りた夜の寒々とした筵の上に、衣の片袖を敷いて、一人寂しく寝るのだろうか。
作者  
後京極摂政前太政大臣 (ごきょうごくせっしょうさきのだいじょうだいじん)
藤原〔九条〕良経 (ふじわらのよしつね,くじょうよしつね) 1169〜1206 平安末期・鎌倉初期の貴族・歌人。兼実の子。摂政、太政大臣を歴任。歌を藤原俊成に学んで歌壇の中心人物の一人になったほか、漢詩や書画にも優れていた。『新古今和歌集』の仮名序を執筆。
文法と語句
きりぎりす ― コオロギ。
鳴くや霜夜のさむしろに ― 「や」は、詠嘆の間投助詞。「霜夜」は、霜のおりた夜。「さむしろ」は、接頭語「さ」+「筵」。また、「寒し」との掛詞。
衣かたしき ― 当時、男女が同衾する場合は、互いの衣の袖を重ねて寝たことから、「衣かたしき」は、一人寝を表す。
ひとりかも寝む ― 「か」と「む」は、係り結びの関係。「か」は、疑問の係助詞。「も」は、強意の係助詞。「む」は、推量の助動詞「む」の連体形で「か」の結び。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.