小倉百人一首 - 藤原道信朝臣

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 藤原道信朝臣
52 藤原道信朝臣
明けぬれば 暮るるものとは 知りながら なほうらめしき 朝ぼらけかな
現代語訳  
夜が明けてしまうと、必ず暮れて、あなたに逢えるとは知ってはいるものの、それでも恨めしい夜明けだなあ。
作者  
藤原道信朝臣 (ふじわらのみちのぶあそん)
藤原道信 972〜994 平安中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。23歳で早世。
文法と語句
明けぬれば ― 「ぬれば」は、「助動詞の已然形+接続助詞“ば”」で、順接の確定条件。「ば」は、恒時条件を表し、「…と,…といつも」の意。「明けぬれば」で、「明けると」の意で、男が女の家から帰る時が来たことを表す。
暮るるものとは知りながら ― 「と」は、引用の格助詞。「は」は、強意の係助詞。「ながら」は、逆接の接続助詞。「暮るるものとは知りながら」で、「暮れるものであるとは知っているが」の意。夜明けは別れを表し、日暮れは再会を表す。
なほうらめしき朝ぼらけかな ― 「なほ」は、それでもの意。「朝ぼらけ」は、夜がほのぼのと明けるころ。秋または冬に用いられる語。『後拾遺集』の詞書には、「女のもとより雪降り侍る日帰りてつかはしける」とあり、雪の降る朝に女の家から帰った若者が、一人さびしく詠んだ後朝の歌であることがわかる。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.