小倉百人一首 - 平兼盛

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 平兼盛
40 平兼盛
しのぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで
現代語訳  
他人には気付かれないように耐え忍んできたけれど、顔色に出てしまっているのだ。私の恋は。「恋の物思いをしているのですか」と他人が問うほどまで。
作者  
平兼盛 (たいらのかねもり)
?〜990 平安中期の歌人。三十六歌仙の一人。光孝天皇の玄孫。家柄に比べて官位は低かったが、後撰集時代を代表する歌人となった。
文法と語句
しのぶれど ― 「しのぶれ」は、バ行上二段の動詞「しのぶ」の已然形で、人目につかないようにする・他人に気づかれないようにするという意。「ど」は、逆接の確定条件を表す接続助詞。
色に出でにけり ― 「色」は、顔色。「出で」は、ダ行下二段の動詞「出づ」の連用形。「色に出づ」で恋愛感情が顔色に出ることを表す。「けり」は、今初めて気づいたことを表す詠嘆の助動詞。この場合、他人から「恋の物思いをしているのか」と質問されたことで、恋心が顔色に出てしまっていることに初めて気づいたことを表す。
物や思ふと ― 「や」と「思ふ」は、係り結び。「物思ふ」は、恋の物思いをすること。「や」は、疑問の係助詞。「思ふ」は、ハ行四段の動詞「思ふ」の連体形で、「や」の結び。「物や思ふ」で、「物思いしているのですか」という意の他人からの質問を表す。「と」は、引用を表す格助詞。
人の問ふまで ― 「人」は、自分と恋愛の対象女性以外の第三者。ただし、この歌は、技巧を競う歌合で詠まれたものであり、恋愛対象も第三者も架空の人物。「の」は、主格の格助詞。「まで」は、程度を表す副助詞で、「〜ほど・くらい」の意。「色に出にけり」にかかる倒置法。
二句切れ・倒置法
天暦の御時の歌合(天徳内裏歌合)で、ともに「恋」を題に詠まれた歌として、壬生忠見(41番)の歌を参照されることをおすすめします。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.