小倉百人一首 - 源兼昌

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 源兼昌
78 源兼昌
淡路島 かよふ千鳥の 鳴く声に いく夜寝覚めぬ 須磨の関守
現代語訳  
淡路島との間を飛び交う千鳥の鳴く声のせいで、幾夜目を覚ましたことであろう、須磨の関守は。
作者  
源兼昌 (みなもとのかねまさ)
生没年不詳。平安後期の歌人。
文法と語句
淡路島 ― 歌枕。淡路国、現在の兵庫県にある島。大阪湾及び明石海峡を隔てた須磨の対岸。
かよふ千鳥の鳴く声に ― 「かよふ」は、「行く」、「帰る」、「往来する」の三通りの解釈が可能であるが、ここでは、三説を総合して「飛び交う」とした。「千鳥」は、海岸などで群れをなして生息する小型の鳥。冬の風物として歌に詠まれる。「の」は、主格の格助詞。「に」は、原因・理由を表す格助詞。
いく夜寝覚めぬ須磨の関守 ― 「いく夜」が、疑問詞「いく」+名詞「夜」という構成の名詞であるため、「ぬ」は、本来、連体形の「ぬる」であるべきところ、終止形となって名詞「須磨」に続いている。「須磨」は、歌枕。摂津国西部の海岸地域。現在は、兵庫県神戸市須磨区。「関守」は、関所の番人。四句と五句は倒置。体言止めを用いることで、辺境の寂寥感を強調している。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.