小倉百人一首 - 藤原興風

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 藤原興風
34 藤原興風
誰をかも 知る人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
現代語訳  
いったい誰を知己にしようか。いくら高砂の松が長寿だからといっても、昔からの友ではないのだから。
作者  
藤原興風 (ふじわらのおきかぜ)
生没年不詳。9世紀後半?〜10世紀前半?平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。管弦の名手。
文法と語句
誰をかも知る人にせむ ― 「か」と「む」は係り結び。「か」は、疑問の係助詞。「も」は、強意の係助詞。「知る人」は、自分のことをわかってくれる人、すなわち、「親友・知己」の意。「む」は、意志の助動詞の連体形で、「か」の結び。「〜よう」の意。二句切れ。
高砂 ―歌枕。現在の兵庫県高砂市。松の名所。

松も昔の友ならなくに ― 高砂の「松」は、長寿の象徴。「も」は、添加の係助詞。「昔の友」は、昔からの友人。「なら」は、断定の助動詞。「な」は、上代(奈良時代以前)に用いられた打消の助動詞。「く」は、その接尾語。「に」は、詠嘆の意味を含む順接の接続助詞。終助詞とする説もある。「ならなくに」で、「〜ではないのだから」の意。(注)「松も昔の友なら泣くのに」ではない。(参考)河原左大臣(源融)の歌にも「ならなくに」が用いられているが、こちらは、逆接の表現。藤原興風は、源融よりも後の人なので、「ならなくに」は、より古めかしい表現として用いられている。

倒置法
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.