小倉百人一首 - 皇太后宮大夫俊成

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 皇太后宮大夫俊成
83 皇太后宮大夫俊成
世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる
現代語訳  
世の中なんて、どうにもならないものだ。(世俗を離れるべく)思いつめて入り込んだ山の奥にも、鹿が悲しげに鳴いているようだ。
作者  
皇太后宮大夫俊成 (こうたいごうぐうのだいぶとしなり)
藤原俊成 (ふじわらのとしなり) 1114〜1204 平安末期・鎌倉初期の歌人・歌学者。定家の父。後白河法皇の院宣により『千載集』を撰進。歌論書『古来風体抄』、家集『長秋詠藻』などを著し、幽玄の歌風を確立した。平安期の古今調から鎌倉期の新古今調への転換期において、歌壇の第一人者として指導的な立場にあった。
文法と語句
世の中よ ― 「よ」は、詠嘆の間投助詞。
道こそなけれ ― 「こそ」と「なけれ」は、係り結びの関係。「道」は、方法・手段の意。「こそ」は、強意の係助詞。「なけれ」は、ク活用の形容詞「なし」の已然形で、「こそ」の結び。「道こそなけれ」で、どうする方法もない。二句切れ。
思ひ入る ― 思い込む。「入る」には、山に「入る」意味が重ねられている。
山の奥にも ― 「に」は、場所を表す格助詞。「も」は、並列を表す係助詞。
鹿ぞ鳴くなる ― 「ぞ」と「なる」は、係り結びの関係。「ぞ」は、強意の係助詞。「なる」は、推定の助動詞「なり」の連体形で、「ぞ」の結び。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.