小倉百人一首 - 皇嘉門院別当

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 皇嘉門院別当
88 皇嘉門院別当
難波江の 芦のかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや 恋ひわたるべき
現代語訳  
難波の入り江に生えている芦の刈り根の一節(ひとよ)ではないが、〔難波の遊女は〕たった一夜(ひとよ)の仮寝ために、澪標(みおつくし)のごとく、身を尽くして〔旅人を〕恋し続けなければならないのでしょうか。
作者  
皇嘉門院別当 (こうかもんいんのべっとう)
生没年不詳。平安末期の歌人。源俊隆の娘。崇徳天皇の皇后、皇嘉門院聖子に仕えた。
文法と語句
難波江の芦のかりねの ― 「難波江」は、摂津国(現在の大阪市)の湾岸地域で、芦が群生していた。歌枕。芦・かりね・ひとよ・みをつくしの縁語。「難波江の芦の」は、「かりねのひとよ」を導く序詞。「かりね」は、「刈り根」と「仮寝」の掛詞。
ひとよゆゑ ― 「ひとよ」は、「一節」と「一夜」の掛詞。
みをつくしてや恋ひわたるべき ― 「や」と「べき」は、係り結びの関係。「みをつくし」は、「澪標」と「身を尽くし」の掛詞。「や」は、疑問の係助詞。「べき」は、推量の助動詞「べし」の連体形で、「や」の結び。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.