小倉百人一首 - 恵慶法師

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 恵慶法師
47 恵慶法師
八重葎 しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり
現代語訳  
幾重にもつる草が生い茂っている家、さびしい家に人は訪ねてこないが、秋だけはやって来たのだよ。
作者  
恵慶法師 (えぎょうほうし)
恵慶 生没年不詳。平安中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。播磨国の講師(国分寺の僧)と伝わる。
文法と語句
八重葎しげれる宿のさびしきに ― 「八重」は、何重にもの意。「葎」は、ツル性の雑草の総称。「しげれ」は、ラ行四段の動詞「しげる」の命令形。已然形とする説もある。「の」は、同格の格助詞。「に」は、場所を示す格助詞。順接の確定条件を表す接続助詞や逆接の確定条件を表す接続助詞とする説もある。
人こそ見えね ― 「こそ」と「ね」は、係り結び。「人」は、訊ねてくる客。「こそ」は、強意の係助詞。「ね」は、打消の助動詞「ず」の已然形で「こそ」の結び。「こそ〜ね、…」という形で下に続く場合、逆接の関係を表し、「〜ないが、…」の意となる。
秋は来にけり ― 「人こそ…」と並列。「は」は、区別を表す係助詞。「けり」は、今初めて気づいたことを表す詠嘆の助動詞。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.