小倉百人一首 - 後徳大寺左大臣

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 後徳大寺左大臣
81 後徳大寺左大臣
ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる
現代語訳  
ほととぎすが鳴いている方をながめると、そこにはほととぎすの姿はなく、ただ有明の月が残っているだけである。
作者  
後徳大寺左大臣 (ごとくだいじのさだいじん)
藤原実定 (ふじわらのさねさだ) 1139〜1191 平安後期の公卿・歌人。右大臣公能(きんよし)の子。定家の従兄弟。漢詩・今様・管弦などに優れていた。
文法と語句
ほととぎす ― カッコウ科の鳥。日本には初夏に飛来し、冬は東南アジアに渡る。托卵の習性があり、ウグイスなどの巣に卵を産む。
鳴きつる方をながむれば ― 「つる」は、完了の助動詞「つ」の連体形。「つ」は、意思的・作為的な動作の完了に用いられる助動詞であり、ほととぎすを擬人化している。「ながむれば」は、マ行下二段の動詞「ながむれ」の已然形+接続助詞「ば」で、順接の確定条件を表し、ながめるとの意。
ただ有明の月ぞ残れる ― 「ぞ」と「る」は、係り結びの関係。「有明」は、陰暦で、16日以後月末にかけて、月が欠けるとともに月の入りが遅くなり、空に月が残ったまま夜が明けること。「有明の月」は、その状態で出ている月。「ぞ」は、強意の係助詞。「る」は、存続の助動詞「り」の連体形で、「ぞ」の結び。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.