小倉百人一首 - 藤原基俊

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 藤原基俊
75 藤原基俊
契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり
現代語訳  
お約束くださいましたお言葉を、よもぎの葉に浮かんだ恵みの露のように、命と思って期待しておりましたのに、ああ、今年の秋もむなしく過ぎていくようです。
作者  
藤原基俊 (ふじわらのもととし)
1060〜1142 平安後期の歌人。藤原道長の曾孫で右大臣俊家の子。万葉集の次点(訓点)をつけた一人。藤原定家の父俊成に古今伝授を行った。保守派歌壇の代表的人物で、革新派の源俊頼と対立。人望がなかったため、学識・家柄の割に官位は上がらず、従五位上左衛門佐にとどまった。
文法と語句
契りおきし ― 字余り。「契りおき」は、約束しておく。「し」は、過去の助動詞「き」の連体形。千載集の詞書によると、この約束は、藤原基俊の息子の僧都光覚が、興福寺の維摩会の講師になれるよう藤原忠通(法性寺入道前太政大臣)に頼み、忠通が「私に頼りなさい」と返答したこと。
させもが露を命にて ― 「させも」は、さしも草で、よもぎのこと。「露」は、恵の露。「て」は、逆接を表す接続助詞。
あはれ今年の秋もいぬめり ― 「あはれ」は、慨嘆を表す感動詞。「も」は、強意の係助詞。「いぬ」は、「往ぬ」で過ぎるの意。「めり」は、婉曲を表す推量の助動詞。
維摩会の講師の任命権者は、藤原氏の氏の長者、忠通であった。たびたび息子の光覚が選に漏れるので、基俊が恨み言を言ったところ、忠通は、「なほ頼め しめじが原の させも草 わが世の中に あらむ限りは」という歌の「しめじが原」という語を用いて、善処を約束した。ところが、またしても光覚は選に漏れた。これは、その私怨を晴らすために贈られた歌。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.