小倉百人一首 - 二条院讃岐

学ぶ・教える.COM > 小倉百人一首 > 二条院讃岐
92 二条院讃岐
わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね かわく間もなし
現代語訳  
私の袖は、干潮の時にも海に没して見えない沖の石のように、人は知らないが、涙に濡れて乾く間もない。
作者  
二条院讃岐 (にじょういんのさぬき)
1141?〜1217? 平安末期・鎌倉初期の歌人。源頼政の娘。二条天皇、後鳥羽天皇中宮任子に仕えた。
文法と語句
わが袖は ― 「が」は、連体修飾格の格助詞。「袖」を「沖の石」にたとえている。
潮干に見えぬ沖の石の ― 「潮干」は、引き潮。「に」は、時を表す格助詞。「見え」は、ヤ行下二段の動詞「見ゆ」の未然形。「ぬ」は、打消の助動詞「ず」の連体形。「石の」の「の」は、比喩の格助詞。
人こそ知らね ― 「こそ」と「ね」は、係り結びの関係。「人」は、世間の人。「こそ」は、強意の係助詞。「ね」は、打消の助動詞「ず」の已然形で、「こそ」の結び。「こそ…已然形」で、逆接を表す。
かわく間もなし ― 「も」は、強意の係助詞。
 小倉百人一首 - 番号一覧
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100
Copyright (C) 2015 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.