N進法
学ぶ・教える.COM
 
■ N進法
 
 基本問題 10  
 
 練習問題    
 
 発展問題    
 
■ N進法の基本問題
 
(問題1) 次の問いに答えなさい。 → 解答
(1) 2進法の数10を10進法に直しなさい。
(2) 2進法の数11を10進法に直しなさい。
(3) 2進法の数100を10進法に直しなさい。
(4) 2進法の数101を10進法に直しなさい。
(5) 2進法の数1010を10進法に直しなさい。
(6) 3進法の数10を10進法に直しなさい。
(7) 3進法の数102を10進法に直しなさい。
(8) 3進法の数2121を10進法に直しなさい。
(9) 5進法の数32を10進法に直しなさい。
(10) 5進法の数4013を10進法に直しなさい。
 
(問題2) 次の問いに答えなさい。 → 解答
(1) 10進法の数3を2進法に直しなさい。
(2) 10進法の数6を2進法に直しなさい。
(3) 10進法の数10を2進法に直しなさい。
(4) 10進法の数15を2進法に直しなさい。
(5) 10進法の数28を2進法に直しなさい。
(6) 10進法の数5を3進法に直しなさい。
(7) 10進法の数10を3進法に直しなさい。
(8) 10進法の数23を3進法に直しなさい。
(9) 10進法の数83を4進法に直しなさい。
(10) 10進法の数399を5進法に直しなさい。
 
(問題3) 次の二進法の数のたし算をしなさい。 → 解答
(1) 12+12
(2) 12+102
(3) 112+102
(4) 1112+1012
(5) 101012+11012
 
(問題4) 次の二進法の数のひき算をしなさい。 → 解答
(1) 112-12
(2) 102-12
(3) 1012-112
(4) 10112-1012
(5) 101012-11112
 
(問題5) 次のたし算をしなさい。 → 解答
(1) 123+13 (3進法)
(2) 21213+2023 (3進法)
(3) 2445+4315 (5進法)
(4) 34035+23445 (5進法)
(5) 44245+434215 (5進法)
 
(問題6) 次のひき算をしなさい。 → 解答
(1) 113-23 (3進法)
(2) 21103-2023 (3進法)
(3) 3014-2324 (4進法)
(4) 41225-23415 (5進法)
(5) 114205-34215 (5進法)
 
(問題7) 次の2進法の数のかけ算をしなさい。 → 解答
(1) 102×102
(2) 1102×112
(3) 1012×1102
(4) 11012×1112
(5) 1010112×1100112
 
(問題8) 次のかけ算をしなさい。 → 解答
(1) 123×203
(2) 1213×223
(3) 1304×234
(4) 3234×1234
(5) 4215×3245
 
(問題9) 次の2進法のわり算をしなさい。 → 解答
(1) 1002÷102
(2) 1102÷112
(3) 11112÷1012
(4) 100102÷1102
(5) 10110112÷11012
 
(問題10) 次のわり算をしなさい。 → 解答
(1) 1103÷113
(2) 10223÷213
(3) 1234÷214
(4) 11234÷314
(5) 143445÷2015
 
■ N進法の練習問題
 
 → 解答
 
(問題2) 図のようなメーターがあり、Aが1回転するとBは1目もり進み、Bが1回転するとCは1目もり進み、Cが1回転するとDは1目もり進みます。A・B・C・Dそれぞれの目もりの数を[DCBA]と表すとき、以下の問いに答えなさい。 → 解答
(1) Aが100目もり進むとき、目もりの数はいくつになりますか。
(2) 目もりの数が、初めて[2031]になったとき、Aは何目もり進みましたか。
(3) 目もりの数が、[0120]から初めて[3210]になったとき、Aは何目もり進みましたか。
(4) [1201]からA50目もり分進めたとき、目もりの数はいくつになりますか。
(5) 目もりの数が[0212]から初めて[3122]になりました。この間、Bは何回転しましたか。
 
(問題3) [ABCD]は、8×A+4×B+2×C+1×Dを表します。ただし、A・B・C・Dは、いずれも0または1です。以下の問いに答えなさい。 → 解答
(1) [ABCD]は、全部で何通りありますか。
(2) [0110]はいくつですか。
(3) [ABCD]=13となる[ABCD]を求めなさい。
(4) [1B01]となる数を全て求めなさい。
(5) [ABC0]となる数を全て求めなさい。
 
■ N進法の発展問題
 
(問題1)
 上の15人は、ある事件の容疑者です。共犯のフランクに次のカードを全て見せたところ、ABCとAのカードの中に主犯がいると証言しました。しかし、その証言ではつじつまが合わないので、うそ発見器にかけたところ、フランクは1度だけうその証言をしたことがわかりました。これらのことから、主犯が誰であるかを答えなさい。 → 解答



Copyright (C) 2012 学ぶ・教える.COM All Rights Reserved.